So-net無料ブログ作成

ほかの駅でもケーブル点検=埼京線などの停電トラブル(時事通信)

 23日夜、JR埼京線新宿〜池袋間で停電が起き、同線と山手線、湘南新宿ラインが最長約3時間半にわたって運転を見合わせたトラブルで、JR東日本は24日、停電のきっかけになったとみられる駅庁舎の高速データ通信用ケーブルについて、ほかの個所には異常がないか点検を行った。
 同社によると、停電は、目白駅庁舎の外側に張ったケーブルが落下し、これを埼京線下り列車がはねたのがきっかけで発生したとみられる。
 ケーブルは埼京線に隣接する山手線の架線に絡まっており、これと前後して埼京線の停電が発生した。
 埼京線は、ケーブルをはねた直後は電気がついていたが、まず上り線が停電。その後、むき出しでケーブルをはねた下り線も停電した。山手線は停電しなかったが、埼京線が、周辺を走行する列車に異常を知らせる「防護無線」を発信したため、停止したという。
 埼京線が停電したこととケーブルをはねたことの因果関係は判明しておらず、同社が原因を調べている。 

国民新党が参院選で作曲家の敏いとう氏を擁立(産経新聞)
警察庁長官銃撃事件が時効 実行犯特定できず捜査終結(産経新聞)
中年期の大幅な体重の減少・増加、死亡リスク上昇に関連(医療介護CBニュース)
第1波で荷崩れ、2波で傾斜拡大か=三重県沖のフェリー座礁−運輸安全委(時事通信)
両陛下、平等院ご訪問(産経新聞)

<中部電力>風力発電計画を白紙撤回へ 愛知・静岡県境(毎日新聞)

 中部電力は24日、愛知・静岡県境に風力発電施設を建設する計画を中断すると発表した。騒音懸念などで地元住民の理解が得られなかったためで、事実上の白紙撤回となる。中電が、建設予定地まで決めていた風力や太陽光発電計画をやめるのは初めて。

 計画は06年11月に決定。愛知県豊橋市と静岡県湖西市にまたがる海岸沿いに風力施設を13基設置し、12年度から一般家庭約1万7800戸分をまかなえる6400万キロワット時を発電する予定だった。【宮島寛】

【関連ニュース】
浜岡原発被ばく事故:保安院が規定違反の中電を注意
中部電力:社長に水野氏、三田社長は会長就任へ
訃報:服部弘さん87歳=元中部電力副社長
静岡・浜岡原発:3号機廃液漏れ 被ばく事故、規定違反の中電を注意
訃報:服部弘さん 87歳=元中部電力副社長

深夜、神戸のホテルぼや 宿泊52人避難騒ぎ(産経新聞)
<築地移転>民主、予算修正案を26日提出…用地購入費削除(毎日新聞)
壁画どこへ行く 高度成長期の最先端「西長堀アパート」(産経新聞)
野党が一斉攻勢、小林千代美氏の議員辞職求める(読売新聞)
<覚せい剤>使用の元千葉県警警部補に有罪判決 東京地裁(毎日新聞)

骨格発表、首相は了解済み=亀井氏、閣内の批判に反論−郵政改革(時事通信)

捜査1課長を更迭=「私的な不適切行為」−警視庁(時事通信)

 警視庁は15日、捜査1課長の西沢康雄警視正(55)を警務部付とする人事異動を発表した。「私的行為上の不適切事案があり、捜査1課長の職の継続が適当でない」として、国家公安委員会の内規に基づき処分もしたとしている。
 後任には若松敏弘鑑識課長(57)が就任した。 

<JR不採用問題>「一日も早くけじめを」…最年長79歳(毎日新聞)
監禁容疑で6人逮捕=公園前路上の男性遺体−警視庁(時事通信)
「ツイン」1万台リコール=スズキ(時事通信)
<兵庫・佐用共立病院の患者骨折>「骨折と死亡、因果関係」院長謝罪 全員が肺炎(毎日新聞)
甲子園歴史館にゆかりの品寄贈 “球児の母”尼宝館元女将(産経新聞)

<将棋>16日から王将戦第6局 久保初の獲得か羽生粘るか(毎日新聞)

 羽生善治王将(39)に久保利明棋王(34)が挑む第59期王将戦七番勝負(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催)の第6局は16、17の両日、神奈川県秦野市の元湯陣屋で行われる。3勝2敗の久保が初の王将獲得を決めるか、6連覇を目指す羽生が決着を最終局に持ち込むか。

 第5局では、羽生が久保の攻めをきわどくかわし、カド番をしのいだ。第6局は羽生の先手番。久保は後手番の第2、4局でいずれも中飛車を使ったが、今回はどんな作戦で臨むのかも注目される。

 持ち時間は各8時間。立会は行方尚史八段、解説は滝誠一郎七段、記録は渡辺愛生三段。【山村英樹】

【関連ニュース】
将棋:羽生王将が久保棋王降す 王将戦七番勝負第5局
将棋:勝負どころの応酬 王将戦第5局2日目始まる
将棋:三間飛車対居飛車…王将戦第5局
将棋:王将戦第5局 久保初の奪取か、羽生意地見せるか
囲碁:張栩が棋聖奪取 7冠制覇

<札幌ホーム火災>福祉施設の指導を都道府県に通知 消防庁(毎日新聞)
横転した車に夜行バス衝突、男性死亡(読売新聞)
<火災>民家から出火 男性?1人死亡4人搬送 大阪・茨木(毎日新聞)
首相の公邸入居費用、さらに清掃費など280万(読売新聞)
鳩山邦夫氏が離党届 園田氏は役職辞任へ(産経新聞)

市営地下鉄「衝突の恐れ」=駅手前で緊急停車−ポイント乗り越えも・大阪(時事通信)

 大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線で15日朝、電車(4両編成)が切り替わっていないポイントを乗り越え、終点の門真南駅(大阪府門真市)では別の電車が止まっていたホームへつながる線路に進入していたことが分かった。けが人はなかったが、電車には約20人の乗客がおり、同駅手前で緊急停車した際の電車間の距離は約70メートルだった。
 運転指令所のミスとみられる。国土交通省近畿運輸局は脱線、衝突事故につながる恐れがあったとして、原因究明と再発防止を指導した。
 市交通局によると、午前5時25分ごろ、電車が京橋駅(同市都島区)を出発後、車内の列車自動制御装置(ATC)などに異常が起きた。
 指令所はATCの解除を指示したが、その後は適切な指示を出さず、電車は同45分ごろに鶴見緑地駅(同市鶴見区)手前で、切り替わっていなかったポイントを通過し、破損させた。
 数分後、門真南駅ではポイントが正しく切り替えられておらず、1番線に入る予定だった電車は、駅手前で1番線から2番線につながる「渡り線」に進入。指令所が気付いて運転士に伝え、緊急停止した。2番線ホームには別の電車が止まっていた。 

【関連ニュース】
殺人容疑で夫を再逮捕=おので妻切り付ける
背中の傷、肺まで到達=現場から包丁発見-3人死傷放火・岡山県警
国連本部で初の落語=桂小春団治さんが公演
56歳男を逮捕=受験帰り男子高生重傷

<訃報>徳田弘さん77歳=元秋田大学長(毎日新聞)
山内衆院議員の元秘書再逮捕=融資名目で4000万詐取容疑(時事通信)
<裁判員裁判>「制度は違憲」覚せい剤密輸で控訴の被告主張(毎日新聞)
<伊方原発>弁に異常 30日予定の通常運転再開に影響なし(毎日新聞)
子ども手当修正案を了承=公明(時事通信)

<スナック経営者刺殺>起訴内容を全面否認 初公判で被告(毎日新聞)

 静岡市葵区でスナック経営者を刺殺したとして、殺人罪に問われた同区本通10、無職、小田義雄被告(60)の裁判員裁判が9日、静岡地裁(原田保孝裁判長)で始まった。小田被告は「私はやっていません」と起訴内容を全面的に否認し、無罪を主張した。判決は18日に言い渡される予定。

 起訴内容は、09年5月6日、同区新富町3、平本広子さん(当時61歳)の店舗兼住宅で、平本さんの胸などをドライバーで31回刺して殺害したとしている。

 検察側は冒頭陳述で、小田被告は店で平本さんと口論になり、自宅に戻って持ってきた改造ドライバーで殺害。現場から改造ドライバーや黒手袋が見つかり、黒手袋の遺留物のDNAと被告のDNAが一致したと指摘した。

 弁護側は「被告はスナックから帰宅後、朝まで寝ていた。平本さんが殺害された時間に現場に行くのは不可能だ」と主張した。【山田毅】

【関連ニュース】
裁判員裁判:「胸締め付けられる」無期判決の裁判員が吐露
裁判員裁判:初の「心神喪失で無罪」主張 東京の放火事件
裁判員裁判:強殺事件の被告に無期懲役判決 鳥取地裁
裁判員裁判:裏切られた 保護観察中に窃盗、実刑に
サンデーらいぶらりぃ:小林 照幸・評『死刑の基準 「永山裁判」が遺したもの』堀川惠子・著

<お別れの会>中村昇さん=30日、京都市のホテルで(毎日新聞)
伊勢茶 紺がすり姿で初摘み 三重・四日市のハウス(毎日新聞)
与謝野氏、新党視野 倒閣へ執行部刷新迫る(産経新聞)
<4歳児衰弱死>市が対応協議中に死亡 埼玉・蕨(毎日新聞)
「JALは沈んじゃった」=鳩山首相(時事通信)

【アートカレンダー】桑原正彦展 東京・清澄 小山登美夫ギャラリー(産経新聞)

 少女や猫、クマのぬいぐるみや大きな貝、ケーキなどがアクリル絵の具で描かれている。柔らかく淡い色彩でかわいく表現された絵画はメルヘンの世界のよう。

 展覧会タイトルは「とても甘い菓子」。どれも甘ったるく、少女も明るく屈託がない。が、キャンバスには複数の少女は描かれず、みな一人で立って物思いにふけっていたり、座っていたりしてどこか寂しそう。作家自身の心の反映だろうか。あえて淡くぼんやりした色彩で孤独を覆い隠してしまっているように思えてならない。

 少女が雲に乗った「空のハニー」は、何かを祈っているようで悲しそうにも見えるし、「海浜公園」は、青い空に深い孤独感が漂っているようでもある。自己の傷つきやすい心を、汚れなき少女の姿に託しているかのようだ。

 桑原正彦は昭和34年、東京生まれ。10年ほど前から現代社会の環境問題などを暗示する奇妙な姿の生き物をかわいらしく描いてきた。ギャラリーを去って絵を思いだすと、作品全体がグレーの色彩に包まれていたように感じられた。本展ではこの1、2年の間に制作した作品を発表。27日まで(日月祝日休)。(和)

中2男子が自殺=学校が原因調査−鹿児島(時事通信)
普天間 日米事務レベル協議へ 陸上案で最終調整 社民説得狙いも(産経新聞)
転落防止ドアで乗客の安全確保 山手線は全駅で設置へ(産経新聞)
堺のこいのぼり手描き、戦後初の女性職人誕生(読売新聞)
<仙谷担当相>7月人事延期も 国家公務員法改正遅れた場合(毎日新聞)

千葉・東金の女児殺害「物証中心の審理を」 障害者団体が申し入れ(産経新聞)

 千葉県東金市で平成20年9月、同市の保育園児、成田幸満ちゃん=当時(5)=が殺害された事件で、殺人罪などで起訴された勝木諒被告(23)について、知的障害を含む発達障害の当事者や親、医療関係者らで組織する「日本発達障害福祉連盟」(金子健会長)が5日、被告の知的障害に配慮し、供述よりも客観的に物証中心の審理を行うよう、千葉地裁に申し入れた。

 同連盟は昭和49年に結成された、国内唯一の知的障害を含む発達障害関係団体だが、個別の刑事裁判について裁判所に申し入れを行ったのは今回が初めて。

 申し入れは「知的障害においては、『取り調べ』のような、圧力がかかりやすい状況下では、相手の意図や誘導に沿った言動に陥りやすい傾向が強く認められる」と指摘。知的障害者は、供述に必須の時間の概念、客観的な状況認識、自己表現能力などにも問題があるとして「供述以外に比重を置き、客観的で十分に証明された確固たる『証拠』を中心とした審理のあり方でなければ公正の裁判とならない」と指摘している。

【関連記事】
千葉・東金の保育園児殺害 証拠の指紋一致せず 弁護団が独自鑑定
児童精神科医ら容疑者に面会調査へ 幸満ちゃん事件 
東金女児殺害1年 母親がマスコミ各社にコメント
幸満ちゃん事件 「被害者参加制度の適用を」 遺族が意向
幸満ちゃん事件 「苦しみ知り寄り添いたい」 母親が手記

昆布・カキ・ノリ、津波で養殖施設に深刻被害(読売新聞)
犯人隠避で会社役員ら逮捕=逃亡の会計士かくまう−GWG買収仲介脱税・東京地検(時事通信)
銃撃漁船2船長に罰金=位置装置切り区域外操業−北海道(時事通信)
<枝野行刷相>官庁活性化に政策提案募集へ 全職員対象に(毎日新聞)
雪の室生寺と土門拳 執念で撮った雪景色(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。