So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ
前の10件 | -

「進歩を目指す保守政党」 自民、党大会で新綱領発表(産経新聞)

 自民党は24日、都内で開いた党大会で、「日本らしい日本の保守主義」を政治理念に掲げ、「常に進歩を目指す保守政党」として再出発していくとする新綱領を発表した。新綱領の制定は、党結成50年の節目となった平成17年以来。昨年の衆院選で野党に転落したのを受けたもので、鳩山政権との対比と対決を強調するとともに、「保守政党」の看板を前面に出したのが特徴だ。

 新綱領は、「日本の文化を築き上げた風土、人の営み、3世代の基をなす祖先への尊敬の念を持つ生き方の再評価」が「日本らしい日本の確立」になるとしている。その上で「日本らしい日本の保守主義」は「自由と民主の旗の下に、時代に適さぬもののみを改め、秩序の中に進歩を求め、国際的責務を果たす」ことだとした。

 自民党の役割として、新憲法の制定や「自立と秩序ある」市場経済の確立、共助・公助の仕組みの充実、地域社会と家族の絆(きずな)や温かさの再生、財政効率化と税制改正による財政再建などに取り組むことを盛り込んだ。

 一方で「国民の自立心を損なう社会主義的政策は採らない。与党のみの判断を他に独裁的に押しつける国家社会主義的統治とも断固対峙(たいじ)しなければならない。日本の主権を危うくし、『日本らしい日本』を損なう政策に闘わねばならない」との表現で、鳩山政権との対決を示した。

【関連記事】
政治の閉塞 平成の龍馬はいないのか 
小沢幹事長聴取 異常事態の責任は重大 これからが検察の正念場だ
小沢氏「我慢、我慢」で活路は開くか
小沢氏聴取 自民・大島幹事長が「お好み焼き」挑戦
小泉元首相が鳩山、小沢両氏を批判「自民なら退陣」

マニフェスト実現、覚悟はある=11年度以降の予算で−菅財務相(時事通信)
山崎拓氏「公認なければ離党」 引退報道は否定(産経新聞)
千葉大生殺害 ATM男、DNA型一致 遺体ストッキングに付着(産経新聞)
<俳人協会賞>榎本さん「祭詩」、栗田さん「海光」に(毎日新聞)
<自民>2月中に参院選候補者決定 全国幹事長会議開く(毎日新聞)

真冬に咲くチューリップ=千葉県船橋市〔地域〕(時事通信)

 千葉県船橋市金堀町の「ふなばしアンデルセン公園」で、真冬にもかかわらず色とりどりのチューリップが咲いている。特殊な技術で生産された5種約1600株は昨年12月下旬に咲き始め、1月いっぱいが見ごろ。通常のチューリップも含め同園では4段階に分け、5月上旬ごろまで楽しめるという。
 同園によると、通常春に咲くチューリップの球根を冷蔵庫で冷やし「冬」だと思わせ、その後少し暖かいところに置いて「春」が来たと勘違いさせたという。チューリップの切り花を作るための促成栽培の技術が応用され、春だと1週間程度で散るところを、真冬のチューリップは1カ月近く咲き続けるという。
 第2段階では7種1400株のチューリップが2月下旬には見ごろを迎え、3月には通常の早咲きのチューリップが咲き、4月には遅咲きが開花する予定。
 開園時間は午前9時半から午後4時まで。同園のホームページで開花情報を提供している。
 ホームページは、http://www.park−funabashi.or.jp。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕期間限定アイスキャンドルミュージアム=北海道下川町
〔地域の情報〕市街にうなぎ料理が大集合=浜松商工会議所がイベント
〔地域の情報〕近江の味を楽しめる企画列車を運行=近江鉄道
〔地域の情報〕丹波篠山で磁器作り、参加者募集中
〔地域の情報〕3月にバーサーロペット・ジャパン開催=旭川

わいせつBDなど1万3千枚=所持容疑で4人逮捕−香川県警(時事通信)
インフル定点8.13、7週連続で減少(医療介護CBニュース)
無登録で出資募集、有価証券売買会社など捜索(読売新聞)
2氏が届け出=津市長選(時事通信)
<ポリグラフ検査>「誓約するのは抑止力になる」北沢防衛相(毎日新聞)

愛媛「正論」懇話会 松本健一氏講演 日露戦争時「日本の青春時代」(産経新聞)

 愛媛「正論」懇話会の第20回講演会が21日、松山市の松山全日空ホテルで開かれ、評論家で麗澤大学教授の松本健一氏が「日本の青春『坂の上の雲』の時代」をテーマに講演した。

 松本氏はNHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」で脚本の諮問委員をしている。原作を執筆した司馬遼太郎氏が松山出身の秋山好古、真之兄弟、正岡子規の主人公3人を「リアリズム精神の持ち主だったが、特別に天才的な人物でなかった」ととらえたことを踏まえ、日露戦争当時を「国民国家としての日本の青春時代」と位置づけた。

 司馬氏が乃木希典大将ら国民的人気の高い指揮官を英雄視せずに論じた点については「伝説や美学ではなく、平均的な日本人に焦点をあてることに小説の意味があり、国民一人一人が青春の歯車を回したことが最大のテーマだった」と語った。

首相と2閣僚、秘書任せ認める 収支報告書チェック(産経新聞)
<桜の開花予想>ウェザーマップが新規参入(毎日新聞)
参院選への影響を懸念=小沢氏団体の事件で−古賀連合会長(時事通信)
外国人参政権「断固反対」 石破氏が表明 自民党大会(産経新聞)
雑記帳 オットセイの赤ちゃんを輸送 宮城県の水族館(毎日新聞)

「家族殺す」と女子中生脅す=容疑で大学生逮捕−大阪府警(時事通信)

 携帯サイトを通じ知り合った女子中学生を「家族と友達殺す」などと脅したとして、大阪府警捜査1課と泉南署は21日、脅迫容疑で、大阪市城東区今福東、龍谷大学経済学部3年亀山祐輔容疑者(22)を逮捕した。
 同課によると、「間違いありません」と容疑を認めているという。
 生徒のアパートでは昨年12月、2回の不審火があり全焼しており、同課は関連の有無も調べる。
 逮捕容疑は昨年9月7日、同府内のアパートに住む中3の女子生徒(15)に対し「お前のせいで大変なことになった。(誰かに)言うたら家族と友達殺すからな」とした脅迫文などを、アパート駐輪場の生徒の自転車の前かごに入れた疑い。
 同課によると、亀山容疑者は2007年8月ごろ、携帯電話の無料ゲームサイトを通じ生徒と知り合った。昨年5月、生徒に「また会いたい」とメールしたが、拒否されていたという。 

【関連ニュース】
たき火不注意で書類送検=山林火災に
民主党に実弾?郵送=小沢幹事長を批判
桑田元投手の父、火災で死亡=誕生日に住宅全焼
住宅など13棟焼く、1人軽傷=ストーカー殺人の被害宅も
住宅全焼、3人死亡=会社員と男児か

救世主の実力は?! 記者が体験搭乗「FDA機」 日航撤退後、松本空港に就航(産経新聞)
足利事件 許すことはできない、永久に…菅家さん怒り込め(毎日新聞)
【剛腕の威光】(3)小沢氏側近逮捕 「深沢銀行」 カネの力で権勢伸ばす(産経新聞)
首相動静(1月23日)(時事通信)
<加湿器>中国製で発火事故4件 輸入元が6万台リコール(毎日新聞)

神頼みも身の丈で?さい銭平均25円減る(読売新聞)

 京都中央信用金庫(京都市下京区)は、同金庫利用客の声を集めてまとめた今年の「初詣アンケート調査」の結果を発表した。

 寺社仏閣1か所当たりのさい銭額は平均295円で、昨年(320円)より25円減った。一昨年が平均260円だったことを踏まえ、同金庫は「昨年は急速な景気悪化で神頼みに走る人が多かった。今年は身の丈にあったさい銭額に落ち着いたと言えそうだ」としている。

 同金庫は2007年から毎年、調査を続けており、今年1月4〜6日に府内外の各支店の窓口を訪れるなどした1229人から得た回答をまとめた。

 1か所で投じたさい銭額の平均を年齢別にみると、60歳代が795円で最も多く、以下、70歳代が617円、50歳代が417円の順。働き盛りの40歳代は70歳代の半分以下の284円で、最少は20歳未満の76円だった。

 職業別の平均をみると、無職の人が573円と最も多く、以下、自営業が465円、主婦410円、会社員197円など。公務員が85円で、学生(93円)を下回り、最も少なかった。

 ただし、1万円といった高額のさい銭を投じた人の影響で、各種別の全体平均が引き上げられるなどした面があることも十分、考えられる。

 一方、「今年は世の中が良い年になりそうか」という問いに対して、「なる」と答えた人が昨年から10・2ポイントアップの27・1%となった一方、「悪い年になる」とした人は昨年(36・2%)の約3分の1の13・2%にとどまり、「今後は景気も順調に回復するだろう」と多くの人が期待していることをうかがわせた。

産業ガスで価格カルテルか=大陽日酸など十数社立ち入り−公取委(時事通信)
大阪でコンビニ強盗相次ぐ(産経新聞)
<無登録営業>東京の投資会社を家宅捜索(毎日新聞)
おじいちゃん、おばあちゃんの孫への援助は年間75万円(産経新聞)
関電関連会社の派遣切り、200万円支払いで和解 大阪地裁(産経新聞)

節分の巻きずし商標訴訟、イオンが逆転勝訴(読売新聞)

 節分用の巻きずしを巡り、「招福巻」と商標登録した江戸時代創業のすし店「小鯛雀鮨鮨萬(こだいすずめずしすしまん)」(大阪市)が、「十二単(ひとえ)の招福巻」の商品名で販売した大手スーパー「イオン」(千葉市)に名称の使用差し止めなどを求めた訴訟の控訴審判決が22日、大阪高裁であった。

 塩月秀平裁判長は「ほかの多くのスーパーでも『招福巻』の名称で売られており、節分用巻きずしの名前として一般化している」として、差し止めなどを認めた1審・大阪地裁判決を取り消し、鮨萬側の請求を棄却した。

 判決によると、鮨萬は1988年に「招福巻」を商標登録。イオンは2006、07年、系列スーパー「ジャスコ」で「十二単の招福巻」を販売した。

 イオンは「当社の主張が認められたものと理解している」とし、鮨萬は「担当者がおらずコメントできない」としている。

元社保庁職員31人、分限免職に不服申し立て(読売新聞)
日航「運航継続」を強調=外国報道陣と会見−前原国交相(時事通信)
<ベルリン映画祭>山田洋次監督「おとうと」を記念上映(毎日新聞)
<エレベーター>また閉じ込め 名古屋市営地下鉄(毎日新聞)
<診療報酬改定>勤務医の負担軽減…骨子案まとまる(毎日新聞)

<ハイチ大地震>自衛隊の医療援助隊が出発(毎日新聞)

 ハイチの大地震で、自衛隊の国際緊急医療援助隊が21日、成田空港からチャーター機で出発した。ハイチを支援する数少ないNGO「ハイチ友の会」(甲府市)代表で医師、小沢幸子さん(35)も24日、日本赤十字社の救援チームの一員としてハイチに向かう。

 援助隊は医官14人を含む約100人。現地で被災者の救援活動に当たる。隊長の白川誠・1等陸佐は出発前、「被災者の視線に立った真心のこもった支援をして、苦しんでいる人の役に立ちたい」と語った。

 小沢さんは現地語のクレオール語が話せて、地理にも詳しい。1カ月間滞在し、医療活動もする予定。大学在学中にハイチでボランティア活動をしたことをきっかけに95年に同会を設立した。小沢さんは「ハイチと出会ったから医師になった。テレビで血を流している人を見ながら、何もできないもどかしさを感じていました」と話している。【斎川瞳、沢田勇】

【関連ニュース】
ハイチ大地震:AMDA代表ら被災者支援に出発
ハイチ大地震:日本郵政、義援金送付無料に
ハイチ大地震:日本の専門料理店で募金 客から支援の声
ハイチ大地震:NGO「ハイチの会」ら募金活動 名古屋
日本ハイチ友好議連:支援方針を確認

橋下知事、ベトナム・シンガポールへ出発(読売新聞)
<所得隠し>1億1000万円 産地偽装の「魚秀」追徴課税(毎日新聞)
不安定さが健康へ? ウオーキングシューズが静かな人気(産経新聞)
<縫い針>食パンに 三重・四日市のジャスコ(毎日新聞)
市役所に迷惑メール20万通、兄弟を逮捕(読売新聞)

センター試験 あすスタート(産経新聞)

 大学入試センター試験が16、17の両日、全国725会場で行われる。志願者数は前年より9387人多い55万3368人で、過去最多の651大学、160短大が参加する。今年は国語で過去の大学入試や教科書で使われた文章を素材文として使うことが初めて解禁。また、新型インフルエンザの流行の懸念から、追試験を例年より1週間遅い30、31日に実施する。

 MSN産経ニュースでは、16日は午後8時ごろ、17日は午後7時20分ごろから、当日の試験問題と解答を速報する予定。

大久保被告を逮捕へ=岩手の自宅から同行−東京地検(時事通信)
<鳩山首相>「潔白信じる」小沢氏の続投了承(毎日新聞)
京都駅近くのホテル 硫化水素自殺図る? 男性が重体(産経新聞)
医療分野への緊急保証制度の適用を要望―四病協(医療介護CBニュース)
「空間」が売れる!! 短期OK 手軽に利用(産経新聞)

<NTTドコモ>東京などで通信障害  (毎日新聞)

「戦って」は検察批判ではない 鳩山首相(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は、民主党の小沢一郎幹事長の元秘書ら側近3人を逮捕した東京地検特捜部について、「検察は検察としての仕事を行っている。(野党時代に)国策捜査と一時、申し上げたこともあったが、今は思っていない。しっかりやっている」と述べた。神戸市内での先端医療の視察終了後、記者団に答えた。

 ぶら下がり取材の詳報は以下の通り。

 【視察の感想】

 −−まず今日の視察の感想を

 「こちらの方の?」 

 −−そうですね

 「私は今日一日が、まさに命を大事にする一日だ。そういう風に感じました。で、こちら(午後の視察先)は、まさに命をよみがえらせる再生医療と。こう、未来に大変夢のある医療の研究、そしてその研究したものを、技術を生かすという、命を生かすというために使う。そのための最先端の医療の研究をされていることを、大変頼もしく感じました。まさに、阪神・淡路大震災の後、大きな命が奪われたなかで、命を再生させる技術を展開されているということに、大きな希望を感じました。大変勉強になりましたし、本当はこういう話は好きなもんですから、もっとずっといたいなという思いがありました」

 【小沢氏の元秘書逮捕】

 −−首相が小沢幹事長に「検察と戦ってください」と言った発言について、「政府の機関と戦ってくれと行政の長が言うのは不適切ではないか」という指摘が上がっているが、改めてどのような真意で発言したのか

 「私は、小沢幹事長が党の代表の私に対して『自分は、いや、潔白である。だから戦うんだ』と申されたから、『まぁ、それはどうぞ』と。戦うということに対して、了とする意味で申し上げたわけでありまして、何も検察を批判をするとか、あるいは捜査に予断を与えるとか、そういうものでは一切ありません」

 −−首相の発言として不適切だったとは考えていないか

 「うん、私はむしろ、この小沢幹事長がこれからも幹事長としてしっかり仕事をやると、戦う姿勢を示すということに対して、それを結構ですという風に申し上げた。その意味での幹事長として続投することを認めたという意味で申し上げたわけですから、不適切だとは思っていません」

 −−世論の批判が高まってきても小沢幹事長を続投させる考えに変わりはないか

 「それは小沢幹事長がまさに昨日、党大会で発言されたように、自分としては、しっかり身の潔白を色んな意味で検察に対しても、説明をすると。そして国民の皆さんにも説明をすると。そう申しているわけですから、私はそれを信じたい。そう思ってます」

 −−検察の捜査が独善的だと思っているわけではないのか

 「そうではありません。独善的?」

 −−えぇ、そうです

 「検察の捜査が?」

 −−はい

 「私は自分自身の問題もありました。したがって、いろいろと事情が当然あるのは分かります。私は当然のことながら、検察は検察としての仕事を行っているという意味で、かつて、国策捜査みたいなことを一時、申し上げたこともありましたけれども、今はそのように思っておりません。しっかりやっていると思ってます」

 【名護市長選告示】

 −−沖縄県の名護市長選が今日、告示されたが受け止めを一言

 「名護市長選挙は、実はどうであってもですね、私としては今、この検討委員会をつくって、その委員会のなかで基本的に普天間の移設先をですね、5月の末までに決めるという作業をやってもらっているわけですから、それに大いに期待をするということであります。当然、どのような方が選ばれるかということは、それはそれなりの判断になる可能性はありますけれども、まずは検討委員会でしっかりと検討をしていただくということに尽きます」 

 【内閣支持率】

 −−日本テレビの世論調査の速報値だが、支持率が初めて5割を切ることになりそうだが

 「うん、それは私は国民の皆さんの叱咤激励だと思って感謝してます。あらゆることに対して、私としては、政府が国民の皆さんのためにしっかりと仕事を果たすということをですね、これから通常国会始まりますから、示しきるということに全力を注ぎたい。そう思ってます」

【関連記事】
小沢氏「またまたお騒がせして恐縮している」
うちわで“師をあおぐ”秘書たち
「小沢氏辞職」望む声が7割 ネット調査
小沢氏に「戦って」 首相の資質に疑問符
民主vs検察 「断固戦う」

地方都市の震災対策を検討=孤立集落や生活再建が課題−中央防災会議(時事通信)
法制局長官、通常国会冒頭から答弁禁止 官房長官(産経新聞)
天下り監視機関を新設へ=官民人材交流センターは廃止−政府(時事通信)
<国民新党>独自の郵政改革案 政府と同じ3社体制を容認(毎日新聞)
鳩山首相、ハイチ復興支援に全力=アジア中南米フォーラム開幕(時事通信)
前の10件 | -
-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。